ジョギングを始めて1年以上が経ちスリムな体になった件

1年ほど前、不眠症になりました。


今までは、布団に入るとすぐに眠りにつく体質でした。


眠れないという経験は、はじめてだったので、かなり苦痛に感じました。


たぶん、仕事のし過ぎで健康管理ができていなかったのだと思います。


いろいろな幻想を頭の中で考えることで、時間がたってしまうというわけではないのです。


とにかく、心が落ち着かないのです。


心の問題というか、脈拍が早くなっていたのです。


どう考えても、健康上の問題で、快眠が妨げられていたのです。


(病院には行かなかったので、当時の病状は性格にはわかりませんが。


) 私は、健康な体を取り戻すために、ジョギングをはじめました。


本当はウォーキングをするつもりだったのですが、スポーツウェアを着て、スニーカーを履いて公園に行くと、元気が出てきてしまい、猛烈にジョギングがしたくなったのです。


でも、10年以上、走るという行為をしていませんでした。


私に限ったことではなく、多くの社会人は、学校の体育の時間で走って以来、何年もの間、走る機会はないと思います。


私も、久々に走ってみたのですが、思うように足が前に出ません。


若い頃のように走る姿をイメージして、体を動かそうとするのですが、足が重いのです。


そればかりではありません。


膝や腰が痛みだして、30歩も走らないうちに、続けることが困難になりました。


でも、不思議なんですが、ジョギングがしたいという衝動にかられます。


たしかに、膝や腰や足の裏が痛いのですが、この痛みによって、かなりの疲労感を感じるので、夜、すぐに眠ることができたのです。


ジョギングさえすれば、不眠症にはならない。


だから、体中が痛くなってもいいので、毎日、走るトレーニングをしました。


膝が痛くて、全くは知れない時は、1週間ぐらい走れないこともありました。


でも、また、足がよくなると、毎日、走るというようなことを繰り返していたら、1年以上、ジョギングという趣味が続くことになりました。


気がついたら、体重が10キロ以上も減っていました。


高校生の時の体重に戻ったのです。


痩せると、なぜか、健康になった気がします。


心身ともに良好な状態なので、今は、不眠症の心配も全くありません。