リア充による宅配クリーニングの逆差別を糾弾せよ

就職で都会に出てきて一人きりの賃貸生活をすることになった時は、新居に運ぶ荷物や布団や衣類が、数えるほどしかなかったので、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。


衣類と仕事用の本とか、梱包してみたらダンボール10個もないくらいでした。


なので、トラック借りて運送したりするより、もっと格段に安く済みました。


布団のように、かさのあるものは向こうで新品を買うつもりでしたので荷物や布団や洋服や布団や衣類を最低限以下にできて、こんな引っ越しと宅配クリーニングもできました。


全ての人にとって引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。


上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で手に入ります。


ただし、サイズはばらばらです。


荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、サイズが一定していない場合は気をつけて積み重ねないといけません。


一人身のときの引っ越しと宅配クリーニングは、電化製品や家具も大型のものがなく、業者に頼むことなくできていました。


だけど、結婚してから引っ越しをすることになると、洗濯機や冷蔵庫などの電化製品や家具が大きくなり、かなりの大仕事となるため、引っ越し業者に任せました。


引っ越しと宅配クリーニング業者に頼むと、家電の設置までしてくれるので、ラクに行えました。


引っ越し作業を業者に任せないで、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればまずは荷物や布団や洋服や布団を少なくすることを考えます。


というのも、積載量の少ない自家用車での運送が基本になるからで、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して要領よく梱包していく、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、このようにすると、包み紙を使わなくていいので荷物や洋服や布団や衣類の嵩は減り壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。


万事このように、荷物や布団や洋服や布団や衣類を減らす努力をしましょう。


私が社会に出て間もない頃、友達と二人で部屋を借りて住んでいたこともあります。


アパートだと、ペットを飼えないところが多く友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


いくつもの不動産屋を回り、やっとのことで物件が見つかりました。


引っ越しもすぐに済ませて猫のためにも本当に良かったです。


引っ越しを終えると、第一にネット回線を開設しなければなりません。


今まで使用していた会社を使えるといいのですが、引っ越しと宅配クリーニング先いかんによっては現在使っている会社を使用不可能な場合があるので、引っ越す前に調べておくことが肝心です。


インターネット回線会社に確認してみると知らせてくれる場合もあります。


ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。


ところが、そういった不動産の売買契約時には印鑑登録された実印が必要、ということをその時に初めて教わりました。


登録だけは、親が済ませておいてくれていました。


でも、市を越境して引っ越すことになるため、引っ越しと宅配クリーニング先の市役所とか出張所にて印鑑の登録も新たにすることになっています。


契約直前になっていきなり登録に行く事になったので当時は結構うろたえました。


引越しをプロに頼む場合、布団の場合は、どう準備したらいいのかな?と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、これは事前に確認しておくとよいでしょう。


多数の場合、引越し屋は引越し当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、これに入れて汚れないように引越しと宅配クリーニング先まで持って行ってくれます。


現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しと宅配クリーニングサービスです。


ヤマト運輸に限らず、業者やクリーニング店を利用した引っ越しなど初めての経験で、電話でも緊張していたのを覚えています。


最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にきちんと対応していただき、作業も丁寧で安心して全ての洗濯する作業を任せられました。


次回引っ越しと宅配クリーニングするときはまた状況が変わりますが、そこでもヤマト運輸を利用したいと思います。


引っ越しと宅配クリーニング作業についてですが荷物や布団の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、いくつかのの引っ越し会社では、荷物や洋服や布団の梱包をサービスの一つとして提示されています。


であるならば時間をとる梱包洗濯する作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、なんらかの事故が起こってしまった時に梱包を行った業者が責を負って被害があった荷物の弁償をしてくれる場合もあります。