但し返済中に追加借入をしますと、返済額の計算が複雑になりますので、その点に注意が必要になると思います。

次に先程あげた3つの返済方法について、お話していきたいと思います。


まず最初の定率リボルビング方式(元利込定額リボリビング返済・元利定額返済方式とも呼ぶ・についてです。


この方法は最終月に端数を支払う他は、毎月一定の金額を返済していく方法ではあるのですが、毎月一定額にするために、返済する元金と利息の額自体は、毎月変化するのが特徴です。


元金や利息の減り方を注視している必要があります。


次は元金定率リボルビング方式についてです。


この方法は借入額に対して、予め決まった定率を掛けた支払額に、1カ月分の利息をプラスして返済していく方法です。


残高ではなく借入額に対して定率を掛けますので、返済が進んでも支払額は変化しないのですが、利息の支払は減っていくというシステムになっています。