悪い習慣を捨て去るのは非常に難しい

今度こそ悪い習慣と決別の時だと意気込むが、結局悪魔の誘惑に負けてしまう日々……。


襲い来る「敵」と戦うための心の武器をやさしく伝授。


古くから続く悪い習慣や儀式を表す熟語があるはずなのですが、知りませんか? 因習?habitの意味を説明します。


「明日からやるぞー!」と一時的にやる気が出ても、結局長続きしません。


だらけた自分の習慣を変えるにはどうしたら良いですか?「あー、またやっちゃった。


」とついつい無意識にやってしまう悪い習慣って一つや二つありませんか?ダメだと思っているのにやってしまう。


そして落ち込む。


でもまた繰り返す。


習慣って知らず知らずのうちに体に染み付いてしまうものだから、改善しようと思ってもなかなか難しいものですよね。


今回はそんな”やめたくてもやめられないNG習慣”を“ずっと続けたくなる良い習慣”に変えるお話です。


皆さんは、自分のことを自分に甘いと思いますか?心理学者のピアーズ・スティール氏が過去40年間の様々な人の自分自信に関するアンケートや資料を参考に調査したところ、自分に甘かったり先延ばししたり、あるいは自分で決めたことが守ることが出来ないという人は全体人口の95%もいるということがわかっています。


多分皆さんも悪習慣を断ち切りたい、と思った時はあると思います。


でも三日坊主!先日、ある記事で『平成の〇〇離れ!』というのを見かけたので、私も頑張って悪習慣から抜け出そうと思う。


体に悪いとわかっていてもやめられないこと、何かありませんか? 例えば、化粧を落とさないで寝ることが習慣になっていて、美容に悪いのに寝る前にいつも落とすことを忘れてしまう、なんて人もいるのでは? そこで、全国の30代男女300人に、やめたくてもやめられない習慣について質問してみました。